DMM GAMESトーク利用規約
第1条(総則)

1.DMM GAMESトーク利用規約(以下、「本規約」といいます)は、株式会社 DMM.com(以下、「当社」といいます)が提供するDMM GAMES内のトークサービス(以下、「本サービス」といいます)の利用条件を定めたものです。利用者は、本規約に同意のうえ、本サービスを利用するものとします。
2.本規約以外のヘルプ等に記載された内容も本規約の一部を構成するものとし、利用者はこれを承諾し、本サービスを利用するものとします。
3.本規約の他に、当社が定める基本利用規約、会員規約についても同意のうえ、本サービスをご利用ください。
4.利用者が本サービスを利用した場合には、本規約に同意したものとみなします。また当社は、利用者に対する事前または事後の通知なしに本規約を改定できるものとし、本規約の改定後、本サービス上に表記した時点で改定後の本規約を適用するものとし、変更後に利用があった場合は改定後の規約に同意したものとみなします。

第2条(本サービスの内容)

1.本サービスは、文章、画像、その他の情報など(以下総称して「情報等」といいます)の投稿及び閲覧などをすることができるサービスです。
2.当社は任意により、利用者に事前に通知または周知することなく、本サービスの内容、機能等の全部または一部を変更、追加または廃止(以下「変更等」といいます)することができるものとします。
3.当社は、本サービスの内容、機能等の変更等により利用者が損害を被った場合でも、一切責任を負わないものとします。

第3条(利用者資格)

1.本サービスの利用にはDMM会員登録及びDMM GAMES会員登録が必要です。
2.本サービスは、利用登録者本人に限り提供を受けることができるものとします。
3.18歳未満はご利用できません。

第4条(運営の役割)

1.当社は、本サービスを利用者の皆様に提供しますが、利用者の行為は利用者各自の判断と責任のもとで行われるものとします。
2.当社は、利用者の皆様に快適に本サービスをご利用いただくため、必要に応じて利用者による本規違反行為の監視等を行います。

第5条(禁止事項)

1.利用者は、本サービスを利用するにあたり、故意・過失を問わず以下の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
■不適切行為
(1)登録者本人以外が利用する行為
(2)本人の承諾の有無を問わず、他の利用者又は第三者になりすまして本サービスを利用する行為
(3)商業目的で本サービスを利用する行為
(4)本サービスのいかなる権利について、第三者に販売、転売する行為またはそれらを目的とした行為
(5)本サービスを利用して不正な利益の取得を目的とする行為およびこれに類する行為
(6)営利・非営利を問わず、商品またはサービスの提供を目的とする情報の掲載行為
(7)特殊なプログラム等を介した不正な方法でアクセスを試みる行為
(8)本サービスの不具合を意図的に利用する行為、及び運営者以外の第三者へその内容を広める行為
(9)当社の許可があるサイトやページ以外へのリンク、URL等を掲載する行為
(10)本人、第三者の如何を問わずメールアドレス、電話番号など個人を特定しうる情報または連絡手段と類推できる情報を掲載する行為
(11)当社への問い合わせ内容、またその回答内容などについて、当社の事前の承諾を得ることなく公開、掲載する行為
■迷惑行為
(1)第三者の個人情報その他秘匿性のある情報(以下、「個人情報等」といいます)を、手段にかかわらず収集しまたは収集することを目的とした行為
(2)第三者の個人情報等を、場所の如何にかかわらず、表示または掲載する行為
(3)第三者の個人情報等を本サービス内で利用する行為
(4)場所等にかかわらず、虚偽、不正確または誤解を招くような内容を含む情報等を掲載する行為
(5)当社のサーバーその他システムに負担をかける行為
(6)第三者に対して、ストーキングまたは不当に付きまとうなどの迷惑行為
(7)暴力的な言動または義務のないことを強要する行為
(8)運営者や運営関係者へのなりすまし行為
(9)本サービスの運営を妨げる行為及び本サービスを利用する他の利用者への迷惑行為
■反社会的行為
(1)出会い目的、または本サービス以外での接触・連絡を目的とする行為及びそれらに応ずる行為
(2)法令、条例その他行政等が定める規則等、または公序良俗に反する行為
(3)当社または第三者の財産、名誉、信用、プライバシー権、肖像権、パブリシティ権、知的財産権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウなどを指します)その他一切の権利を侵害する行為
(4)犯罪行為、またはこれを予告、助長する行為
(5)一般利用者が不快に感じる画像、言葉などの表現の掲載行為
(6)人種、性別、年齢等による差別につながる行為または表現の掲載行為
(7)第三者の誹謗中傷、侮辱または名誉、信用の棄損にあたる行為
(8)第三者に対するハラスメント行為
(9)児童ポルノまたは児童買春を連想、誘発させる言動または表現の掲載行為
(10)一般利用者または未成年に対し悪影響をおよぼすと判断できる表現の掲載行為
■その他
(1)政治活動、宗教活動またはそれらに準ずる行為
(2)本規約に反する内容を掲載する行為
(3)その他当社が不適切と判断する行為
2.利用者が前項に定める禁止事項に違反した場合、当社は、利用者に対して何らの通知等をすることなく、掲載された情報等の削除、本サービスの利用停止等の必要な措置を講じることができるものとします。
3.当社は、前項の措置を講じたことにより利用者が損害を被ったとしても一切の責任を負わないものとします。

第6条(免責)

1.本サービスの利用については、利用者自身の責任において行っていただくものとし、当社は、本サービスの利用により利用者に生じた損害については、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、一切責任も負わないものとします。
2.当社は、本サービスで提供する情報について、その完全性、適用性、有用性などいかなる保証も行いません。
3.当社は、利用者によって投稿された情報の合法性、道徳性、信頼性、正確性等について責任を負いません。
4.当社は、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、利用者によって投稿された情報等が消失したことにより利用者が損害を被ったとしても一切責任を負いません。また、当社は当該情報等を保存・保管する義務及び消失した情報等を復旧する義務を負うものではありません。
5.利用者は、本サービスの利用に関して第三者との間で紛争等が発生した場合、自己の責任において当該紛争を解決するものとします。当該紛争等により当社が損害を被った場合には、利用者は当社が被った損害を賠償するものとします。
6.当社は、本サービス内で利用者に対し無償で提供される機能等の瑕疵(安全性、正常な作動、正確性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ等)がないことを保証するものではありません。

第7条(情報の閲覧)

1.当社は、本サービスにおいて利用者の情報ならびに投稿した一切の情報等を、本サービス運営上の理由がある場合には閲覧することができるものとします。
2.当社は、当社の権利・財産等の保護もしくは第三者の生命・身体または財産の保護等の理由から必要があると判断した場合には、必要な範囲内で利用者が投稿した情報等を裁判所や警察等に開示・提供することができるものとし、利用者はあらかじめこれに同意するものとします。

第8条(知的財産権)

1.利用者は、第三者の著作権その他知的財産権を侵害する行為を行わないものとし、適正に知的財産権等を確保出来ている画像、および映像等のみを利用するものとします。
2.利用者により投稿された著作物等にかかる権利は、当該利用者またはその他既存の正当な権利者に留保されるものとします。
3.利用者により投稿された著作物等については、当社が必要と判断する処置を行った上で、本サービスに関連する範囲において利用できるものとします。また利用者は、本項に基づく著作物の利用について、当社に対し、著作者人格権を行使しないものとします。
4.利用者によって投稿された著作物等を除き、本サービスにおいて利用されている一切のコンテンツについての著作権およびその他知的財産権は、当社または当社にその利用を許諾した権利者に帰属し、利用者は無断で複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆送信(送信可能化を含みます)、伝送、配布、出版、営業その他一切の利用をしてはならないものとします。
5.利用者の投稿した著作物等に関し、第三者から削除請求または損害賠償請求などがあった場合、当該利用者は一切の責任を負うものとし、当社は当該請求に相応の理由があると判断した場合は、ただちに当該著作物等の削除その他適切な対応を行うことができるものとします。
6.前項の場合において、当社に損害が発生した場合は、当該利用者はその損害の賠償およびその解決のための費用(当社が支払った弁護士費用を含む)を負担するものとします。
7.当社は、第5項の場合において利用者に損害または不利益が発生したとしても、当社に重過失がある場合を除き一切の責任を負わないものとします。

第9条(本サービスの停止又は終了)

1.当社は、利用者に対して事前の通知、告知をすることなく、本サービスの全部および一部を停止し又は終了することができるものとします。
2.当社は、前項の場合において、利用者に損害または不利益が発生したとしても、一切の責任を負わないものとします。

2014年12月17日 制定
2015年04月16日 改定
2016年05月13日 改定
2017年02月22日 改定